基礎知識

声が出ない吃音と失語症の違いについて

このサイトについて
このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

声が出ない病気である吃音はたまに失語症と間違われます。しかし、実際には似て非なるものであるので違いをおさえておきましょう。

失語症とは

失語症は脳の障害です。主には脳の出血とか脳梗塞などによって「聞く」「話す」「読む」「書く」ができなくなる病気です。

失語症という漢字だけ見ると「話す」だけができないように思えますが、その他にもできなくなります。冒頭に言ったとおり、吃音とは異なりますし、失声症などとも異なります。

原因としては90%以上の人は左大脳半球にあるとされる言語野というところが損傷したことが原因ではないかと言われています。また、統計的に利き手との相関性があることも特徴でしょう。

決定的な違い

Wikiでも吃音とは異なると明確に書かれていますが、おおきく2つの決定的な違いがあります。

言語関連すべてができなくなるのが失語症

一番大きな違いはやはり失語症は「聞く」「話す」「読む」「書く」がすべてできなくなることでしょう。

吃音は「話す」ことだけができないので明らかに違いますよね。また程度も若干違いがあります。失語症は「できなくなる」で正しいですが、吃音は「しにくくなる」という症状もあります。

具体的には話せないわけではなく、話せないシチュエーションや言葉が存在する、話しにくくなるというものです。幸か不幸かすべてができなくなるわけではないので、本人でさえも病気と気づかない人がいるほどです。

また、「あ、あああ、ああのさ」とか「あーーーーーーのさ」といった言葉を連発してしまう、言葉を伸ばしてしまうのも吃音だけの特徴です。

失語症は原因が明確

その発症にも明確な違いがあります。失語症は先天的なものではなく、脳の出血や脳梗塞などによって今までできていたことが軒並みできなくなる病気です。外的、物理的に脳が損傷を受けていることが特徴です。

一方、吃音は特に脳の障害はありません。MRIを撮っても正常な脳と特に違いはないことからもっと潜在的なことが原因と言われています。

共通点もある

と言っても次のような共通点ももちろんあります。

  • 脳に要因がある
  • 利き手と関連する説があるとされる(吃音は否定された)
  • 後天的である

なお、吃音には成長とともにどもりだす発達性と事故などをきっかけに発症する獲得性があるが、獲得性吃音と失語症は合併する可能性が高いとされている。

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。