病院・名医

名医吃音ドクターこと菊池先生がいる九州大学病院の評判、口コミ、レビュー

このサイトについて
このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

吃音治療の大本命。吃音ドクターこと菊池先生がいらっしゃる九州大学病院です。

いろんなメディアで紹介されて、本も書かれている先生と聞いたことあるけど、実際どのように吃音治療をするんだろうと疑問に思ったことはありませんか。

ここでは吃音治療に特化して、九州大学病院がどんな病院であるかチェックしていきたいと思います。

どんな病院?

吃音に関して言えば、病院というよりは菊池先生があまりにも有名ですね。吃音ドクターというインパクトのある名前で一躍有名になった先生です。

その名の通り、この先生ご自身が吃音を患っておられます。このサイトは「健常者にとって難解な吃音という病気は、吃音経験者じゃないと治せない(つまり、医師でも治せない)」と謳っています。

そういう意味ではご自身が吃音経験者であり、医師でもある菊池先生は理想の存在です。私はお会いしたことないですが、著書も読んだこともあり、非常に尊敬しています。

ちなみに著書を読んだのは、私が吃音を克服した後です・・・^^;

どんな治療をするの?

ネットで調べてみたのですが、あまり情報が出てきませんでした。

ただ、菊池先生の著書を読んだところ、菊池先生は非常にエビデンスを重視される方です。そのため、エビデンスをもとにした治療を行われると思います。

著書の中でも効果があるというエビデンスがある、環境調整法とオペラント学習あたりを選択されていると思われます。

環境調整とは部屋の片付けをしたり、家族との関係を改善したりなどプライベート空間を過ごしやすくする。または、仕事内容や勤務時間の見直しなどストレスを軽減したりすることです。「吃音は環境3割、体質7割」と言われていることから環境調整法が有効と言われています。

また、オペラント学習も効果があると言われています。オペラント学習とは要は成功体験をいかに積むかということです。吃音は成功体験を積めば、どんどん吃音が改善すると言われています。

そのため、菊池先生は吃音者がこの成功体験を積めるように支援することされているようです。

いずれにしても菊池先生は「どもってもかまわない」というスタンスを貫いておられ、非常に吃音者よりのお医者様だと思います。お会いしたことはないですが、本からはその人柄が読み取れ、単純に好きですね。

1点、注意点としては著書を拝読したところ、やはり菊池先生も子どもの吃音治療をメインとされているようです。大人の吃音の方は注意しましょう。

結局のところおすすめなの?

吃音治療としてはあの有名な国立障害者リハビリテーションセンターよりもおすすめじゃないかなと思います。

ただ、子どもの吃音を中心に見られているということや九州にしかないないということでリハビリに通い続けられるかどうかということには注意が必要です。

勘違いしやすいのですが、吃音治療は診察して終わりというようなものではなく、治るまで最低3ヶ月は繰り返しリハビリに通う必要があります。
吃音治療ができるオンライン教材と病院と比べた時のメリット・デメリット

このため「治療やトレーニングが続けられるかどうか」というのが非常にウェイトを占めます。九州に通うことが難しい方は自宅でできるオンライン教材を使った吃音治療も選択肢の1つでしょう。
自宅でこっそり吃音治療!ネットでデキるおすすめオンライン教材を紹介

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。