治療方法

吃音治療といえばコレ!元吃音者がオススメするメンタルリハーサル法とは

このサイトについて
このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

メンタルリハーサル法って聞いたことありますか?吃音治療の1つの方法です。

吃音後進国である日本には珍しく、日本独自の吃音治療トレーニング法です。ここでもガラパゴスですね。

今日はメンタルリハーサル法について見ていきましょう。

メンタルリハーサル法とは

この方法は目白大学の都筑先生が発案された日本独自のトレーニング方法です。

都筑先生は言語聴覚士のときに当時は効果があるとされていたリズム話法というメトロノームのリズムに合わせて喋るという方法で、患者の吃音治療に励まれていました。

しかし、1人も治すことができずお医者様に怒られたことから「よし!自分で治療方法を考えよう!」と一念発起され編み出された方法です。

そのために当時の吃音治療の本をすべて焼いたというエピソードもあり、本気度がわかりますね。

どうやるの?

メンタルリハーサル法は下記の4ステップで行います。

  • まず全身がリラックスした状態にします
  • 頭の中で「幼少時から現在までに経験した否定的な感情の場面」を描きます
  • そしてその場面で自分の行動や周囲とのやりとりがうまくできている映像を描きます
  • 自然に喋っている姿を頭の中でリハーサルする

そしてこれらのシーンを頭の中でイメージするにあたって注意事項があります。それは吃音最大の敵である「どもるかも・・・」と思うこと(予期不安)と「どもってしまった・・・」という自己嫌悪はしないこと、さらには「話すこと自体を避けようとすること」の3点です。

もちろん、これはさわりだけですので、実際にはもっと多くの手順があります。メンタルリハーサル法を元にしたオンライン教材などもありますので興味がある方はどうぞ。
メンタルリハーサル法を元にしたオンライン教材

効果はある?

都筑先生の研究では約75%の方が吃音を改善したとのことです。非常に効果に期待が持てますね。

しかもこのメンタルリハーサル法は適応年齢が小学3年以上としています。それは治療方法自体が「イメージすること」なので逆に幼児だとこの方法は難しいでしょう。

これをデメリットと捉える方もしますが、私はむしろ最高のメリットだと思います。なぜなら今まで大人の吃音の治療方法は確立されていなかったのですからこれは大きいと思います。

日本独自とは言っても信憑性の高い方法で検証されていることから、英訳して論文に出来れば世界に通用するとも言われています。

ネックはその費用

ただ、この期待の大きいメンタルリハーサル法にも最大のネックがあります。それが費用です。

このメンタルリハーサル法は日本では都筑先生の吃音相談所で受けられるのですが、6ヶ月訓練の試算でも約20万円です。名古屋にあるこの訓練所に6ヶ月間毎週通い続けるのも地方の方には難しいでしょう。

そんな方には先ほど紹介したメンタルリハーサル法を元にしたオンライン教材も一つの選択肢かと思います。実際に私もこれで吃音を克服しています。
買って試した私がおすすめ!吃音治療ならMRMの吃音改善プログラムがいいぞ

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。