教育

最初の言葉が出ない!ひとこと目が言えない「吃音(きつおん)」とは

このサイトについて
このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

「最初の言葉が出ない」

「一言目が出なくて噛んでしまう」

こんな経験をしたことはないですか?これって吃音というれっきとした病気です。吃音(きつおん)という病気について紹介したいと思います。

吃音(きつおん)とは?

吃音とは簡単に言えば、言語障害です。吃音になると言葉がでなかったり、出にくかったりします。端的に言えば、「噛む」「どもる」という表現もします。

しかも、不思議なのが電話や人前といった特定のシチュエーションだけ言葉がでにくくなったり、「おはよう」「お世話になります」といった特定の言葉だけ噛んだりします。

私も吃音だったからわかりますが、けっこう辛いです。特に支障をきたすのは仕事です。社会人だと喋る機会なんていくらでもある上に、避けることができなかったりします。

人前でスピーチやプレゼンをしないといけなかったり、電話取りなんて毎日ある仕事です。そこで言葉が出ないんですから辛いですよ。

「おはよう」「お世話になっております」といった挨拶も社会人なら基本ですよね。それが言えないというのは泣きそうなほど苦しいものでした。

原因は?

原因は正直いまだにわかっていないのが現状で、いろいろ言われています。

よく言われるのが声帯や舌、息の仕方など発声器官が原因だという説ですね。これは昔から言われていて言葉が出にくいんだから発声器官に何かしら障害が生じているというのは当然の成り行きです。

しかし、そうだとも断定できません。発声器官が本当におかしいのであれば、すべての言葉が言いにくいはずです。しかし、冒頭で話した通り、あなたなぜか「最初の言葉」だけですよね。

ということはやはり違うものが原因と考えられます。

精神疾患(うつ)という説も有力でしたが、これもクエスチョンです。というのも、うつだとしても最初の言葉を喋る瞬間だけうつで、その他の言葉を喋る時はうつが治るなんて聞いたこともありません。

遺伝とも言われた時代もありましたが、これは否定されています。現在、もっとも有力な原因とされているのが脳のリズム障害であるという考え方です。

いずれにしても子供の頃からずっと吃音の人もいれば、大人になってから吃音になる人もいます。

対策は?

これを治すためにはいろんなアプローチがされています。腹式呼吸や発声練習をしてみたり、補聴器みたいなもので軽減してみたり、抗うつ剤で吃音を抑えるというような治療方法もありますが、やはりあまり功を奏していません。

いくらリハビリをしても治らなかったり、治ったと思っても日常生活に戻るとまたどもりだしたりします。抗うつ剤も軽減には効果があるようですが、副作用もきつく飲み続けるわけにはいきませんからね。

こちらでもやはり最も効果的とされているのが脳からのアプローチです。いわば脳科学を利用した治療ですね。アメリカやカナダで研究されていて、実際に改善事例も多く報告されています。

脳が原因とは言いましたが、脳自体に障害があるわけではありません。吃音の方の多くは噛むことが癖になっています。喋り始めるときに「噛め!」と脳が指令を送っているのが吃音の正体です。

喋りにくい箇所が文頭だったり、しゃべりにくい言葉はいつも同じだったり、再現性があると思いませんか?まさしく癖なんですよね。

脳に染み付いた癖を取り去るのはなかなかできることではありません。しかし、それを可能としたのが海外で研究されている脳科学による治療アプローチです。

こちらでも紹介していますので気になる方は参考にしてみてください。
買って試した私がおすすめ!吃音治療ならMRMの吃音改善プログラムがいいぞ

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。