このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

声が出にくい、言葉が詰まるのは吃音という病気を疑え!

「声が出にくい」

「言葉が詰まる」

このような経験をしたことはないですか?あまりに言葉が出にくいため、噛み癖がついてしまったなんて人もいるかもしれませんね。

しかし、それは吃音きつおん(きつおん)という病気の可能性があります。私も吃音きつおんの経験者ですが、ほっておくと仕事もできなくなるばかりか、日常生活にも影響が出てきますので注意しましょう。

吃音きつおん(きつおん)ってなに?

吃音きつおんとは普通に喋ることが難しくなる病気です。

喋ることが難しいと言っても失語症みたいなものとは少し違います。言いにくいというか、言葉が出づらいという感じですね。まさしくあなたが今感じている症状が吃音きつおんだということです。

ただ、たしかに失語症やあがり症といった病気とも似ていますが、吃音きつおんにしかない特徴があります。

それは「しゃべりにくい」ときもあれば、「しゃべれる」ときもあるということですね。例えるなら本番で本領を発揮できないスポーツ選手のようなものですかね。

100mを10秒で走れるのに大会になると11秒になってしまうということありますよね。それに近い感覚です。吃音きつおんで言えば、普段は普通に喋れるのに電話や人前だと途端に言葉が出にくくなります。

そしてそれは大抵、文頭つまり喋り始めに起こるということです。

また「しゃべりやすい言葉」と「しゃべりにくい言葉」が存在するのも特徴です。

吃音きつおん者はけっこう母音だと噛むと言われています。
吃音きつおんで一言目の「あ」「お」といった母音や「カ行」「タ行」が言いにくいときの対策

吃音きつおん者は電話で噛んだり、言葉が出なかったりして悩む人が多いのですが、「お疲れ様です」や「お世話になっております」など電話では必ず言いますからそれが原因かもしれません。

吃音きつおんはかなり辛い体験を伴う

吃音きつおんは見た目上なにか障害があるわけでもないですし、日常生活でも特になにに困るとか、明日から急に仕事ができなくなるといったことがありません。

緊急性がないのであなたが吃音きつおんだったとしてもそれほど重く考えられていないかもしれません。

しかし、吃音きつおんは大変な病気です。非常にやっかいな病気と思ってください。かなり辛い経験を伴います。私自身も吃音きつおん経験者でしたが、地獄の苦しみを味わいました。冗談ごとではなくてほんとうに死にたいとさえ思うほどの辛さです。

しかも治りにくいというおまけつきです。

なぜ辛いの?

言葉が出ないというのは実はかなり辛いことです。一番は吃音きつおんの辛さを「理解してもらえないこと」です。

あなたは普通に喋れますよね。でも人前や電話になると突然言葉が出にくくなります。言葉が出なくなります。これを見た人はどう思うでしょうか。

「緊張するなよ(笑)」

「落ち着いて(笑)」

「本番に弱いなー、情けないやつ」

というように言われます(思われます)。人前に出て焦る(ように見える)ことほどみっともないことはないですよね。

しかし、あなたがいくら「吃音きつおんという話せなくなる病気で・・・」といったところで健常者はそんなこと信じてくれません。だって普段は普通に会話できますからね。

特定のシチュエーションや特定の言葉だけ言いにくくなると言っても健常者はなかなか理解しにくいんです。私自身、吃音きつおんだったからこそ、その原理も辛さも理解していますが、吃音きつおんになっていなかったとしたらやはり理解できる自信はありません。

このように吃音きつおんは理解がされにくい病気で、そのため想像以上に辛い体験をすることになります。

私の会社は毎日朝礼があり、発声練習や1分間スピーチがあったものですから地獄でした。朝礼のためだけに会社を辞めようとさえ思っていたほどです。それほどに辛い体験をしmさう。

吃音きつおんには次のようなデータもあります。

  • 吃音きつおんの人は、健常者の4倍、社交不安障害(SAD)になりやすい
  • 社交不安障害の人のうち20%がうつを発症している

このように精神疾患を併発しやすい病気と言われています。またこれらの病気を併発した人は自殺も考えやすいとも言われています。

このように一見それほど支障はなさそうな吃音きつおんですが、非常に怖い病気ということを認識してください。

吃音きつおんかなと思ったら

人前で言葉が出ない、電話噛みやすいということでまだまだあなたが吃音きつおんと決まったわけではありません。もちろん単なるあがり症ということも考えらえます。

大事なことはまずは吃音きつおんかどうかを見極めて適切な治療をすることです。

今の世の中、家で治療する方法もあるのでこちらの記事なんかを参考にしてみてください。
自宅でこっそり吃音きつおん治療!ネットでデキるおすすめオンライン教材を紹介

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。

関連記事

このサイトについて

このサイトは私こと吃音ブロガーによる吃音治療情報まとめサイトです。

私が吃音を改善させた体験を踏まえて、濃い吃音情報をお届けしています。吃音に悩むあなたの役に立てればと思います。

私が吃音を改善したエクササイズ

ピックアップ記事

  1. 吃音を治療するための病院を選ぶ3つのポイント

    「吃音治療したい!」 そう思ってもどこの病院に行ったらいいか迷いませんか? 町の病院でも…
  2. e-FLAGS吃音改善プログラムの評判、口コミ、レビューまとめ

    「e-FLAGS吃音改善プログラムってネット見たけど本当に治るの?」 「e-FLAGS吃音改善プロ…
  3. 【全国版】吃音外来がある有名な病院(クリニック)・名医リスト5選

    「吃音が治療できる有名な病院を教えて」 「吃音治療ができる名医っていますか」 このサイト…
  4. 吃音ブロガーのプロフィール

    このブログを見て頂きありがとうございます。 管理人の吃音ブロガーです。もうすぐ36歳の誕生日を…
  5. 買って試した私がおすすめ!吃音治療ならMRMの吃音改善プログラムがいいぞ

    「電話で社名や自分の名前が言えず、電話が苦痛で仕方がない。取引先からも苦情が来ている」 「朝礼…

おすすめ記事

  1. 電話でどもって聞き返されたくない・・・ 朝礼でどもってみんなの前で恥をかきたくない・・・ 吃…
  2. 「吃音はDAFやFAFなど言語聴覚フィードバックで治る」 しかし、実際には使っているときは少し…
  3. 吃音は辛い病気です。グループ療法がいいとされながらも、日本では医者でさえも理解が進んでいないため、一…
  4. 「シークレットサブリミナルCDってネット見たけど本当に治るの?」 「シークレットサブリミナルCDの…
  5. 社会人ともなると日々のコミュニケーションは絶対に避けることはできません。 しかし、吃音者に…

ランダム記事

  1. 面接でどもって落ちる必見!元吃音者が面接対策を教える

    「面接でどもってしまった・・・」 「自己紹介もできないまま面接で落ちた」 「言葉が出なく…
  2. 2ちゃんねるの評判・口コミまとめ

    【吃音MRMの2ch口コミまとめ】評判は意外にも良いぞ!

    「吃音を治せるMRMって信用できるの?」 「2ちゃんねるなどで本当の評判を知りたい」 この気…
  3. 電話で自分の名前や社名を噛む、言えない病気とは

    「電話で自分の社名が言えない」 「それどころか自分の名前さえ言えない」 「これって病気な…
  4. 吃音治療における臨床敬心クリニックの評判、口コミ、レビュー

    「吃音治療で有名な臨床敬心クリニックってどんな病院?」 「臨床敬心クリニックってどんな治療をす…
  5. 吃音に効くサプリは気休め!治らないばかりか悪化させる元にもなる

    先日、ヤフー知恵袋を見ていると 「吃音に効くサプリがあると聞いたのですが本当ですか!?」 …
  6. 吃音治療ができる全国の相談窓口一覧

    吃音かな・・・ そう思っていざ治そうとしてもどこに相談したらいいかわかりませんよね。 「…
  7. 吃音は何科を受診すればいい?耳鼻咽喉科?心療内科?精神科?

    「吃音治療を受けようと思いますが、何科を受診したらいいですか?」 これはこのサイトでもよく聞か…
  8. 吃音は左利きを矯正したことが原因ではないと既に立証されている

    「吃音は小さなころに左利きを矯正したことが原因で発症した」 「矯正した左利きに戻せば吃音は治る…
  9. 自宅でこっそり吃音治療!ネットでデキるおすすめオンライン教材を紹介

    「吃音を治したいけど病院へ行くのは抵抗がある・・・」 「自宅でこっそり吃音治療をしたい」 …
  10. 声が出にくい、言葉が詰まるのは吃音という病気を疑え!

    「声が出にくい」 「言葉が詰まる」 このような経験をしたことはないですか?あまりに言葉が…
ページ上部へ戻る