教育

緊張もしていないのに言葉が出ない・噛むのは吃音という病気です

このサイトについて
このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

人前でいざ話そうとすると、「言葉が出ない・・・」。

練習しても、どれだけ落ち着いても「どうしても噛んでしまう」。

こんな経験はないですか?あなたは「また、噛んじゃったな」程度にしか思っていないかもしれませんが、これ、実は吃音という病気かもしれませんよ。

吃音ってなに?

吃音とは普通に喋ることが難しくなる病気です。大きく3つの症状があります。

まず1つめに「お、おおおお、おはよう」というように言葉を連続してどもってしまう連発性の吃音。2つめに「おーーーーーーはよう」と間延びしてしまって発音してしまう伸発性の吃音です。

この2つは子どもに多いのが特徴です。もしかすると子どものころ、あなたのクラスでもこのような喋り方をする人がいたかもしれませんね。

そして最後に難発性の吃音と言いまして、最初の言葉が言えなくなるものです。このタイプの吃音があなたにあたる可能性があります。

例えば「お世話になっております」という言葉で最初の「お」が言いづらくなります。また言葉のつながりも舌足らずのようになります。

「・・・ぉすぇわになっちぇおります」のように赤ちゃんみたいな喋り方になります。実際私も吃音だった時はこんな喋り方で大変恥ずかしい思いをしました。

でも不思議と2つ目の「お」は言えるのですから吃音とは不思議な病気です。もう1つ特徴がありまして特定のシチュエーションだけ言葉が出なかったり、言いづらかったり、噛みまくるという特徴を持っています。

例えば、電話とか朝礼、プレゼンなどの人前ですね。度胸には自信がある!場馴れしている!緊張もしていない!はずなのに噛んでしまうということはこの吃音である可能性があります。

私も人前は苦手ではありましたが、プレゼンなど論理的に自分なりの考えを伝えるのはむしろ好きで得意だったはずですが、吃音になってからというもの苦手意識を持つようになりました。プレゼンの機会など隕石でも落ちてなくならないかとプレゼンの直前まで思っていました。

吃音の症状(伸発、連発、難発・阻止・ブロック)と随伴行動とは

吃音はかなり辛い体験を伴う

ここまで読んで「へー、そうなんだ」程度にしか思っていないかもしれません。吃音は外的になにか障害があるわけでもないですし、そこまで日常生活に困るとか仕事ができなくなるということもないからそれほど重く考えていないかもしれません。

しかし、吃音は大変な病気です。非常にやっかいな病気と思ってください。かなり辛い経験を伴います。私自身も吃音経験者でしたが、地獄の苦しみを味わいました。冗談ごとではなくてほんとうに死にたいとさえ思うほどの辛さです。

なぜ辛いの?

言葉が出ないというのは実はかなり辛いことです。一番は「理解してもらえないこと」です。

あなたは普通に喋れますよね。でも人前や電話になると突然喋れなくなります。言葉が出なくなります。これを見た人はどう思うでしょうか。

「緊張するなよ(笑)」

「落ち着いて(笑)」

「本番に弱いなー、情けないやつ」

というように言われます(思われます)。大の大人があまりに緊張して声が出なくなったかのように映るのです。しかも実際には全然緊張していないならなおさら悔しいですよね。

仕事をしている人なら「本番に弱い」と評価されると昇進にもかかわりますよね。地位のある方なら後輩や部下から「情けない課長」「頼りないチーフ」というように陰口を叩かれるというのも屈辱でしかありません。

あなたがいくら「吃音という話せなくなる病気で・・・」といったところで信じてもらえません。普段は普通に会話できますからね。このように吃音は理解がされにくい病気で、そのため想像以上に辛い体験をすることになります。

私の会社は毎日朝礼があり、発声練習や1分間スピーチがあったものですから地獄でした。朝礼のためだけに会社を辞めようとさえ思っていたほどです。

吃音には次のようなデータもあります。

  • 吃音の人は、健常者の4倍、社交不安障害(SAD)になりやすい
  • 社交不安障害の人のうち20%がうつを発症している

このように精神疾患を併発しやすい病気と言われています。またこれらの病気を併発した人は自殺も考えやすいとも言われています。

このように一見それほど支障はなさそうな吃音ですが、非常に怖い病気ということを認識してください。

吃音かなと思ったら

人前で言葉が出ない、噛みやすいということでまだまだあなたが吃音と決まったわけではありません。もちろん単なるあがり症ということも考えらえます。

大事なことはまずは吃音かどうかを見極めて適切な治療をすることです。

今の世の中、家で治療する方法もあるのでこちらの記事なんかを参考にしてみてください。
自宅でこっそり吃音治療!ネットでデキるおすすめオンライン教材を紹介

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。