このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

吃音は左利きを矯正したことが原因ではないと既に立証されている

吃音きつおんは小さなころに左利きを矯正したことが原因で発症した」

「矯正した左利きに戻せば吃音きつおんは治る」

吃音きつおん症の方なら一度はこういう話を聞いたことがあるかもしれませんね。そのため、大人になってから利き腕を変えてみたり、もしかすると自分の子どもの利き腕を矯正させたことを悔やんでいる親御さんもいるかもしれません。

しかし、吃音きつおんは左利きが原因ではないと断言できます。この説は現代医学ではすでに否定されていますので安心してください。今日はこのお話をさせてもらいます。

利き手矯正説

「左手を矯正したことによって吃音きつおんになったのでは?」という説を利き手矯正説と言います。

そもそもなぜ左利きを矯正したかと言うと、昔は左利きは不便と考えられていました。というのも一番は字を書く時。書き順は右利きを想定していますし、ノートの左側から右側に向かって書くというのも左利きの方にとっては非常に書きにくいものです。

そのため、みんながみんなではないですが、その書きにくさから字が汚くなるという不便を感じます。さらに手の裏側が黒く汚れるということもありますね。

さらに道具はすべて多数派の右利きを想定して作られています。例えば、はさみは右利き、左利きがあって一般的な右利き用のはさみを左利きの人が切ろうとするとうまく切れません。包丁もそうですね。何にも向きがあるんです。

今でこそ左利き用の道具も出ていますが、昔は左利き用の道具などなかった時代でした。だから親としては「子どもに苦労をさせたくない」として、左利きを右利きに矯正した時代がありました。

しかし、利き手というのは生まれながらものですから、それを無理やり矯正するというのは本人にとってすごく不便でストレスの感じる話しなんですね。

そして、それが原因で吃音きつおんになったというのは利き手矯正説です。

なんでこんな説が出たのか

吃音きつおんの歴史を遡ると1920年代に吃音きつおんがある人はなぜか左利きか両利きが多いという報告がありました。

それに加えて健常者が話す時は言語をつかさどる左脳が優位に働いているが、吃音きつおん者の脳は左脳右脳両方または右脳も動いていることが吃音きつおんの原因ではないかという説も出ました。

どういうことかというと、吃音きつおん者が話す時は左脳と右脳が異なったタイミングで指令を出します。そうすると発語器官が混乱するからどもってしまうという説です。

また、左利きを矯正された吃音きつおん者が利き手を元に戻したところ、(たまたま?)治ったことによって信憑性のある説となりました。当時、アメリカでは利き手の矯正をやめようという社会現象もおきたらしいです。

利き手矯正説は間違っていることが証明された

その後、この利き手矯正説は否定されています。

その後の研究で、「確かに報告は多かったかもしれないが、冷静に見てみると右利きの人も普通に吃音きつおんだなぁ。よし調べてみるか」ということで研究がなされました。

その結果を示します。こちらの表を見てください。

吃音きつおん 健常者
人数 46 46
左利き 13.0% 10.0%
両利き 8.7% 13.0%
右利きに矯正 26.1% 30.4%

特に一番下の右利きに矯正した人の数を見てもらいたいのですが、むしろ健常者の数が多いことになっています。唯一吃音きつおん者の比率が高い左利きにおいてもたった3%しか違わず、統計的に有意差とまでは行っていません。

そのため、利き手矯正説は覆されたということになります。

最後に

このように利き手矯正が必ずしも吃音きつおんにつながらないと証明されています。もし「利き手を矯正したから?」と悩んでいる方は安心してもらいたいと思います。

今ではアメリカやカナダを中心に脳科学による吃音きつおん治療が主流です。このサイトでもやはり脳科学による吃音きつおん治療をおすすめしています。

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。

関連記事

このサイトについて

このサイトは私こと吃音ブロガーによる吃音治療情報まとめサイトです。

私が吃音を改善させた体験を踏まえて、濃い吃音情報をお届けしています。吃音に悩むあなたの役に立てればと思います。

私が吃音を改善したエクササイズ

ピックアップ記事

  1. 【全国版】吃音外来がある有名な病院(クリニック)・名医リスト5選

    「吃音が治療できる有名な病院を教えて」 「吃音治療ができる名医っていますか」 このサイト…
  2. あなたは吃音?あがり症?吃音かどうか自己診断できるチェック表

    「最近よく噛むようになった気がするけどこの噛み癖は吃音だろうか?」 「でも人前でしかどもらない…
  3. 腹式呼吸や発声練習(ボイトレ)では吃音は治らない理由

    「腹式呼吸をしましょう」 「朗読や発声練習を毎日するように」 「発語トレーニングなら吃音が治りま…
  4. 買って試した私がおすすめ!吃音治療ならMRMの吃音改善プログラムがいいぞ

    「電話で社名や自分の名前が言えず、電話が苦痛で仕方がない。取引先からも苦情が来ている」 「朝礼…
  5. e-FLAGS吃音改善プログラムの評判、口コミ、レビューまとめ

    「e-FLAGS吃音改善プログラムってネット見たけど本当に治るの?」 「e-FLAGS吃音改善プロ…

おすすめ記事

  1. 「吃音はDAFやFAFなど言語聴覚フィードバックで治る」 しかし、実際には使っているときは少し…
  2. 「私がどもる回数って異常?」 「以前よりどもりがひどくなっている?」 吃音者なら誰しも思う疑…
  3. 吃音は歌や独り言だとどもらないと言われています。 独り言ならまだしも歌なんて真っ先にどもりそう…
  4. 「いろいろ言われているけど、結局吃音の原因てなに?」 「原因不明なのはわかったけどそれでも何が…
  5. 「トップMBA吃音改善法ってネット見たけど本当に治るの?」 「トップMBA吃音改善法の中身ってなに…

ランダム記事

  1. 吃音治療における臨床敬心クリニックの評判、口コミ、レビュー

    「吃音治療で有名な臨床敬心クリニックってどんな病院?」 「臨床敬心クリニックってどんな治療をす…
  2. 面接でどもって落ちる必見!元吃音者が面接対策を教える

    「面接でどもってしまった・・・」 「自己紹介もできないまま面接で落ちた」 「言葉が出なく…
  3. 吃音は厳しいしつけや虐待が原因というのは否定されている

    「わたしがどもるのはしつけが厳しかったからだ!」 「虐待が原因でどもるようになった・・・?」 …
  4. 吃音は左利きを矯正したことが原因ではないと既に立証されている

    「吃音は小さなころに左利きを矯正したことが原因で発症した」 「矯正した左利きに戻せば吃音は治る…
  5. 吃音(きつおん)と症状が似ている場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)との違いとは

    吃音(きつおん)と場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)は特定のシチュエーションだけ言葉が話せないという…
  6. 吃音治療で使われる4つの薬と副作用(SSRIやドーパミン阻害薬)

    「今飲んでいるSSRIってなんだろう?」 「ドーパミン阻害薬ってなんだか眠たい」 もし吃音治…
  7. 吃音における6つの治療方法の中で最も効果があるのはコレ!

    「吃音治療の方法っていろいろあるけど結局どれが一番効果あるの?」 吃音者にとっては一番興味があ…
  8. 吃音治療における北里大学病院の評判、口コミ、レビュー

    「吃音治療で有名な北里大学病院ってどんな病院?」 「北里大学病院ってどんな治療をするの?」 …
  9. 吃音が治らないのは原因と治療法のアンマッチが理由!あなたはどのタイプ?

    「吃音は治らない」 こう言われていたのは昔の話です。しかし今や吃音は十分に改善する病気となって…
  10. MRMのパラダイムシフトとマインドシフトってなに?効果あるの?

    パラダイムシフトってなに? マインドシフトってなに? どちらも吃音改善で有名なMRMというオ…
ページ上部へ戻る