吃音改善プログラム

吃音治療ができるオンライン教材と病院と比べた時のメリット・デメリット

このサイトについて
このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

世の中には吃音改善できるオンライン教材はたくさんあります。

「オンライン教材って本当に効果があるのかわからない」
「詐欺まがいじゃないだろうか」

顔が見えないオンライン販売だからこそこのような不安を抱くことはわかります。しかし、オンライン教材は吃音者にとってメリットがあります。

詐欺を疑っていたのも今や昔。最近では返金保証に応じる教材もあり、リスク0から始めることもできるようになっています。

ここでは知られざるオンライン教材メリット、そしてデメリットにも触れていきたいと思います。

メリット・デメリットの比較表

いきなりですが、メリットデメリットを整理してみましたので参考にしてください。

結論に近いのですが、オンライン教材の最大のメリットは費用や時間、場所に関係なく「治療の続けやすさ」にあると思います。

病院だと病院に行かないと治療できませんが、毎日行くわけにもいきません。そこのところオンライン教材だと家で好きなときに毎日できます。つまり続けやすいことにつながります。

オンライン教材 通院
時間 ○:いつでもトレーニングできる。毎日できるので治療効果が高い。 ×:通院したときしかトレーニングできない。病院が平日しか空いていない。
場所 ○:家で気が向いたときにできる。 ×:わざわざ病院に行かないといけないので億劫。
治療期間 ○:1.5カ月~3ヶ月と目安はある。 ×:指定なし。
費用 ○:2,3万円のみ(自分で望むだけ繰り返しできる)。 ×:3ヶ月で治療代15万円+交通費(続ければ続けるだけ費用がかさむ)。
治療方針 ×:正しい知識がなければどれを選べばいいかわからない⇒当サイトのレビューなどを参考にしてください。 △:お医者様による。日本では長年治らないというのが通説だったため、いまだにそう言う人がいる。
質問 △:メールでのやりとり。ただし、恥ずかしくない。 △:対面でやりとりできるので安心。ただし、恥ずかしい。
総合評価 ○:費用面や時間、場所という観点から「続けやすい」というのが最大のメリット。 △:お医者様だからといって必ずしも専門性の高い治療が受けられるとは限らない。

私が思うオンライン教材の最大のメリット

  • 家でできるので時間や場所の制約がない
  • だから好きな時に繰り返しできるので効果が高い
  • 費用が圧倒的に安い

それではさらに詳しく見ていきましょう。

吃音治療に特化している

吃音治療する人がまず検討するのはにあたってまず検討するのが病院治療だと思います。病気となれば治す専門家はお医者様ですから当たり前ですよね。

しかし、何科にいけばいいかわかりますか?恐らく即答できないと思います。実際に総合病院であっても案内される科は統一されていません。大抵は耳鼻咽喉科、精神科、心療内科のどれかだと思います。

ただ、案内された科も専門家ではない可能性があります。吃音を治す専門家としては言語聴覚士といいますが、医師ではなくあくまでも医師の指示の下に治療を補助する方です。

わかりますか?お医者様であっても専門家と限らないんです。その点、オンライン教材は吃音改善に特化しています。だから内容も濃いですし、改善実績も非常に多いです。

内容については言語聴覚士や吃音カウンセラーが執筆や監修した教材もあるので安心でしょう。

金銭的な制約がない

これも大きいと思います。吃音は原因がいまだに解明されていない病気で、治りにくい。しかも長期化しやすい病気というのが一般論です。そうすると病院治療で困るのが診療費や交通費、さらには器具のレンタル代です。

ある治療院ですと3ヶ月で20万円という話しもあります。しかもがいつ治るかわからないとなると治療費も青天井になります。治るまで通い続けなければ今までの努力が水の泡になるという強迫観念はありますが、出費があまりにも手痛いと思います。

しかも人気の吃音治療院は関東に固まっており、地方の方が通院しようとすると交通費も負担になります。

そこらへんの注意点はこちらにより詳しく書いてあります。
吃音治療を選ぶポイントとかかる費用、期間、効果で徹底比較した

その点、オンライン教材ですとほんとど買い切り型です。一度買って終わり。費用上限が決まっていると安心して改善エクササイズに集中できるのは最大のメリットと言えます。さらに何度でも繰り返しできることもメリットです。

私も納得の行くレベルまで吃音を改善させるため、2回エクササイズをやりました。この繰り返しできるというのはうれしいところです。

時間的な制約がない

時間的な制約もあります。どういうことかと言うと、吃音治療で有名な国立障害者リハビリセンターでも初診から訓練開始まで最低3回。4回目からようやく訓練が始まり、その後1週間~1ヶ月置きに通院しないといけないとされています。
吃音治療における国立障害リハビリセンターの評判、口コミ、レビュー

平日にしか診療してもらえないことからもこれがけっこう制約になることがわかるでしょう。一方、オンライン教材はいつでもどこでも行うことができます。

平日、仕事が終わって帰ってきたときにでも、少し早起きして朝活代わりにするのもいいでしょう。1日たった20分からできるというのもありがたいところ。

大抵の教材はテキストか動画形式です。その気になれば通勤時間帯にエクササイズもできます(ただリラックスした状態でやることが推奨されてはいます)。

同時治療ができる(予約や待ちが発生しない)

吃音は全人口の1%もいると言われています。一方でその数に対して、吃音を専門にする医師や言語聴覚士の数が圧倒的に足りておらず、一人が対応できる吃音患者の数は限られています。

そのため、人気のある吃音治療の病院や名医は予約が必要だったり、予約待ちが発生したりなかなか思うように診療をしてもらえません。

吃音治療で有名になった杉吃音治療院も新規の申し込みをお断りされていました。

このように対面治療だとどうしても待ちが発生してしまうのですが、オンライン教材ならここでもそのような制約を受けること無く、だれでも全くプログラムを今日から受けることが可能です。

最後に

吃音治療は「治るまで無理なく続けること」が案外大事になってきます。そのため、金銭、時間、場所といった制約をできるだけ取り除かれているオンライン教材はメリットも多いと考えて良いでしょう。

デメリットとしては効果があるの?という不安がつきまといますが、このサイトで推奨しているMRMは私も使っていましたし、安心して使ってもらえるかと思います。

なお、MRMに限ってはプログラム終了後にも効果がみられなかった場合には全額返金保証がついているのでお試しやすいかと思います。

ぜひ検討してみてください。
買って試した私がおすすめ!吃音治療ならMRMの吃音改善プログラムがいいぞ

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。