吃音は厳しいしつけや虐待が原因というのは否定されている

「わたしがどもるのはしつけが厳しかったからだ!」

「虐待が原因でどもるようになった・・・?」

このような疑問を持つ人があとを立ちませんね。ただ、吃音きつおんがしつけや虐待によるものというのはすでに研究で否定されています。今回はそれについて証拠を説明しましょう。

なぜ吃音きつおんの原因が厳しいしつけや虐待と言われているの?

吃音きつおんというのは2歳から4歳で5%の子どもが発症します。そしてそのうちの4割の子どもがある日突然発症します。

母親からすれば「昨日まで普通に話していたのに・・・、あ!昨日厳しく叱ったからかも・・・」と不安になりますよね。なにせ子どもが毎日接しているのはお母さんです。だからその原因を自分に向けがちです。

または、おじいさんやおばあさんが病院に来る例もあるらしく、「娘が虐待しているのか・・・」という心配もあると思われます。

このようになぜ吃音きつおんががしつけや虐待が原因と言われているかを紐解いていくと特に根拠はないことがわかります。ということで、やはり研究者の間でも「ほんとうかなぁ?よし!ちゃんと調べてみるか!」と調べた方がいてその結果が次の通りです。

吃音きつおんの原因は体質が7割、環境が3割と判明

吃音きつおんに限らず、病気の原因を紐解くためにある方法がよく取られます。それは双子と普通の人たちで発症率を比較するといったものです。

これで何がわかるかというと体質が原因なのか、環境が原因なのかがわかります。

例えば普通の人たちを集めて吃音きつおんの発症率を調べてもよくわかりませんよね。というのが遺伝子も違えば環境も違うということで条件が全く異なるからです。

しかし、双子(一卵性双生児)というのは遺伝子が同じです。さらに二卵性双生児というのは半分の遺伝子が同じです。そこで、この双子の発症率を比較することで遺伝子がどれだけ吃音きつおんの要因となっているかを調べることができます。

この研究は20年ほど前に行われ、その結果、吃音きつおんは体質が7割、環境が3割ということが判明しました。これによって完全ではありませんが、しつけが原因であるという説は「それほど関係はない」ということがわかります。

遺伝だとしたら吃音きつおんは治らないのか

遺伝だから治らないというのも違います。
吃音きつおんは遺伝ってホント?遺伝なら治らないの?

というのも吃音きつおんになる遺伝子というのがあるのではなく、吃音きつおんになりやすい他の要素があるということです。

吃音きつおんになる素質のある方は下記のような共通点があります。

  • 想像力が豊かで、思慮深い
  • 他人の気分にとても敏感でとても優しい
  • 人が嫌な思いをしているとそわそわする
  • 周りが騒がしいと不快になる
  • 今より成長したい、完璧でありたいという願望が強い
  • 全員に好かれたい、人に褒められたいと思っている

一言で言ってしまえば「他人よりずば抜けて感受性が高い」ということですね。

すごく優しい性格ですから人からも好かれますし、仕事などでも優秀な成績をおさめることが多いことから優秀病と言われることもあります。

話しがそれましたが、これらの素質がきっかけとなり結果として吃音きつおんになっているだけで、吃音きつおんが治らないというわけではありません。

では何が吃音きつおんの原因なの?

最近の研究でわかってきているのが脳に原因があるのではないかということです。どもるという脳の癖ですね。

というのも電話や挨拶と言った特定の条件でのみどもるという特徴を持ちますよね。また歌や独り言ならどもらないという特徴もあります。

どもったりどもらなかったり、これが身体的な要因とは考えられず、脳によるくせではないか(脳の可塑性)ということが言われています。

さきほどきっかけと言いましたが、きっかけはみんな違います。例えば最初はたまたまどもっただけだったのが、人前で笑われたことでトラウマとなりどもるようになった。

大事な仕事でどもってしまったことが後々まで尾を引きずるようになってどもるようになった。友だちがどもっているのを真似をしていたら自分までどもるようになった。

感受性の高いあなたならではだと思います。このように最初はいろんなきっかけからどもるようになり、それが繰り返されることでどんどん癖づいたのが吃音きつおんの原因という考え方です。

どもる言葉を避けよう避けようとするあまり、言い換えているその言葉までどもるようになった経験はあると思いますが、それが癖ということです。

この脳に染み付いた癖を取り去るのはやはり脳科学的なアプローチが有効とされています。
買って試した私がおすすめ!吃音きつおん治療ならMRMの吃音きつおん改善プログラムがいいぞ

ちなみにしつけと似たような話で左利きを矯正したから吃音きつおんになったという説も否定されていますので安心してください。
吃音きつおんは左利きを矯正したことが原因ではないと既に立証されている

関連記事

このサイトについて

このサイトは私こと吃音ブロガーによる吃音治療情報まとめサイトです。

私が吃音を改善させた体験を踏まえて、濃い吃音情報をお届けしています。吃音に悩むあなたの役に立てればと思います。

Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

ピックアップ記事

  1. 吃音を治療するための病院を選ぶ3つのポイント

    「吃音治療したい!」 そう思ってもどこの病院に行ったらいいか迷いませんか? 町の病院でも…
  2. 吃音ブロガーのプロフィール

    このブログを見て頂きありがとうございます。 管理人の吃音ブロガーです。もうすぐ36歳の誕生日を…
  3. 腹式呼吸や発声練習(ボイトレ)では吃音は治らない理由

    「腹式呼吸をしましょう」 「朗読や発声練習を毎日するように」 「発語トレーニングなら吃音が治りま…
  4. 【全国版】吃音外来がある有名な病院(クリニック)・名医リスト5選

    「吃音が治療できる有名な病院を教えて」 「吃音治療ができる名医っていますか」 このサイト…
  5. あなたは吃音?あがり症?吃音かどうか自己診断できるチェック表

    「最近よく噛むようになった気がするけどこの噛み癖は吃音だろうか?」 「でも人前でしかどもらない…

おすすめ記事

  1. 「喋る時にどうしても手を動かしてしまう」 「人前で喋る時、手でリズムを取らないと話せない」 …
  2. 「シークレットサブリミナルCDってネット見たけど本当に治るの?」 「シークレットサブリミナルCDの…
  3. 「大人だろうが子どもだろうが同じ吃音なんだから発声練習しときゃ治る!」 いまだにこんなことを言…
  4. 吃音は辛い病気です。グループ療法がいいとされながらも、日本では医者でさえも理解が進んでいないため、一…
  5. 「最初の言葉が出ない」 「一言目が出なくて噛んでしまう」 こんな経験をしたことはないです…

ランダム記事

  1. 吃音(きつおん)と症状が似ている場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)との違いとは

    吃音(きつおん)と場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)は特定のシチュエーションだけ言葉が話せないという…
  2. 吃音治療における国立障害リハビリセンターの評判、口コミ、レビュー

    「吃音治療と言えば国立障害リハビリセンターと聞くけどいいの?」 「国立障害リハビリセンターの治療方…
  3. MRM吃音改善プログラムの体験者レビューを紹介

    吃音改善で最も有名なMRM。 引用:本当に治るのか気になりませんか? しかし、ネットでレ…
  4. 吃音治療で使われる4つの薬と副作用(SSRIやドーパミン阻害薬)

    「今飲んでいるSSRIってなんだろう?」 「ドーパミン阻害薬ってなんだか眠たい」 もし吃音治…
  5. 吃音は厳しいしつけや虐待が原因というのは否定されている

    「わたしがどもるのはしつけが厳しかったからだ!」 「虐待が原因でどもるようになった・・・?」 …
  6. 吃音治療における北里大学病院の評判、口コミ、レビュー

    「吃音治療で有名な北里大学病院ってどんな病院?」 「北里大学病院ってどんな治療をするの?」 …
  7. 吃音は左利きを矯正したことが原因ではないと既に立証されている

    「吃音は小さなころに左利きを矯正したことが原因で発症した」 「矯正した左利きに戻せば吃音は治る…
  8. 自宅でこっそり吃音治療!ネットでデキるおすすめオンライン教材を紹介

    「吃音を治したいけど病院へ行くのは抵抗がある・・・」 「自宅でこっそり吃音治療をしたい」 …
  9. 吃音治療といえばコレ!元吃音者がオススメするメンタルリハーサル法とは

    メンタルリハーサル法って聞いたことありますか?吃音治療の1つの方法です。 吃音後進国である日本…
  10. 吃音治療ができる全国の相談窓口一覧

    吃音かな・・・ そう思っていざ治そうとしてもどこに相談したらいいかわかりませんよね。 「…
ページ上部へ戻る